Rakuten infoseek

辞書

アッベ数【アッベスウ】

デジタル大辞泉

アッベ‐すう【アッベ数】
光学ガラスなどの透明な物質がもつ、光の分散に関する量。分散能逆数。この量が大きいほど、波長による屈折率の変化が小さい。逆分散能逆分散率
[補説]可視光線フラウンホーファー線のうち、C線(波長656ナノメートル)、D線(589ナノメートル)、d線(587ナノメートル)、F線(486ナノメートル)に対する屈折率を、nC、nD、nd、nFとすると、アッベ数はνD=(nD-1)/(nF-nC)、またはνd=(nd-1)/(nF-nC)と表される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

アッベ数【Abbe's number】
光学ガラスの分散程度を表現する定数.フラウンホーファー線*のうちC線(λ=656nm),D線(λ=589nm),F線(λ=486nm)に対する屈折率をそれぞれnCnDnF としたとき,

をアッベ数という.通常用いられる光学ガラスにおいては,フリントガラスで νD=20 ~ 50,クラウンガラスで νD=55 ~ 70程度である.レンズやプリズムなどの色消し計算に重要な指数である.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アッベすう【アッベ数 Abbe’s number】
光学材料の光の分散に関する性質を表す量。屈折率は光の波長によって異なり(これを光の分散という),使用波長域で透明な材料の屈折率は波長が長くなるにしたがって減少するのが一般である。フラウンホーファー線のF線(波長486nm),d線(587nm),D線(589nm)およびC線(656nm)に対する屈折率をそれぞれnF,nd,nD,nCとしたとき,νD=(nD-1)/(nFnC),またはνd=(nd-1)/(nFnC)をアッベ数と呼ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アッベ数
あっべすう
Abbe's number
光学ガラスのような等方性の透明物質において、その屈折率が光の波長によって変化する性質(分散)を規定する物質固有の数値。逆分散率ともいう。可視光線のスペクトルのうちフラウンホーファー線のC(波長656ナノメートル)、D(589ナノメートル)、d(587ナノメートル)、F(486ナノメートル)の各線の屈折率をnCnDndnFとすると、アッベ数νは、
  νD=(nD-1)/(nF-nC)
または
  νd=(nd-1)/(nF-nC)
と定義され、アッベ数が大きいほど波長による屈折率の分散は小さい。フリントガラスで20~50、クラウンガラスでは55~70程度である。[境野照雄・伊藤節郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッベ数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アッベ数の関連情報

他サービスで検索

「アッベ数」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.