Rakuten infoseek

辞書

アッベの不変量

法則の辞典

アッベの不変量【Abbe's invariant】
一つの球面における光の屈折に際して不変の保持される量.球面の曲率半径を r,両側の屈折率を nn′,球面の頂点から共役な物点と像点までの距離をそれぞれ α,α′ としたとき,An(1/r-1/α)=n′(1/r-1/α′)は不変に保たれる.この A のことをアッベの不変量という.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッベの不変量」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アッベの不変量の関連情報

他サービスで検索

「アッベの不変量」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.