Rakuten infoseek

辞書

アッタリン神学校【アッタリンしんがっこう】

世界の観光地名がわかる事典

アッタリンしんがっこう【アッタリン神学校】
モロッコのフェズにある、小規模だが壁面彫刻が繊細で美しい神学校(マドラサ)。名称は、アッタリーン・スークの東側に位置していたことに由来する。旧市街の中心にあり、14世紀に建造された。建物の壁面や扉には繊細な彫刻が施され、中庭には大理石の噴水がある。カラフルなモザイクの色には、青色が水、黄色が太陽、緑色は緑という意味がある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッタリン神学校」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アッタリン神学校の関連情報

他サービスで検索

「アッタリン神学校」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.