Rakuten infoseek

辞書

アッソス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アッソス
Assos; Assus
トロイ地方の古代ギリシアの都市。トルコ北西部のチャナッカレ市南南西約 75kmに位置する。アドラミュティオン (エドレミト) 湾にのぞみ,レスボス島のミシムナから前 1000年頃渡来したアイオリス人の植民都市として建設された。アケメネス朝ペルシア時代には独立を保ったが,アレクサンドロス3世 (大王) に征服され,以後ペルガモン王国,ローマの支配を受け,ビザンチン時代はマクラミオンと呼ばれた。アリストテレスがこの地に建てられたプラトン学派の学校で学び (前 347~344) ,ストア学派クレアンテスがここで生れたことでも著名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アッソス(Assos/Άσσος)
古代ギリシャ時代、小アジアにあった都市。現在のトルコ西部の村ベフラムカレの近郊に位置する。紀元前4世紀頃、学術都市として隆盛し、アリストテレスが3年ほど滞在したほか、同地出身のストア学派の哲学者クレアンテスがゼノンを継いで学頭になった。現在も、円形劇場、アゴラアテナ神殿などの遺跡がある。アソス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッソス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アッソスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.