Rakuten infoseek

辞書

アタプエルカの古代遺跡【アタプエルカのこだいいせき】

世界遺産詳解

アタプエルカのこだいいせき【アタプエルカの古代遺跡】
2000年に登録された世界遺産(文化遺産)。スペイン北部のカスティーリャ=イ=レオン自治州ブルゴス県にある町アタプエルカの近郊に、カルスト地形が広がっている。ここにはたくさんの洞窟があり、膨大な期間にわたる人類の化石が発見されている。とりわけアタプエルカを有名にしたのは、シマ・デ・ロス・ウエソス(骨の採掘鉱)と呼ばれる遺跡である。ここで40~20万年前の更新世中期の人類の骨32体が発見され、現生人類であるホモ・サピエンスの近縁種といわれているネアンデルタール人の祖先にあたるホモ・ハイデルベルゲンシス(ハイデルベルク原人)の骨であると見られている。また、グラン・ドリーナの遺跡からは、約80万年前の人類の化石が発見されている。◇英名はArchaeological Site of Atapuerca

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アタプエルカの古代遺跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アタプエルカの古代遺跡の関連情報

関連キーワード

星図自動車電話よしもとばなな2000年問題プーチン奈良美智シャキール オニール2000年問題岡本太郎出版取次業

他サービスで検索

「アタプエルカの古代遺跡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.