Rakuten infoseek

辞書

アゾール・ローザ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アゾール・ローザ
Asor Rosa, Alberto
[生]1933. ローマ
イタリアの批評家。ローマ大学でサペーニョに学ぶ。『モンド・オペライオ』『クラッセ・オペライオ』など左翼雑誌に,作家の社会的責務をめぐる論文を発表。ローマ大学教授。主著に『プラトリーニ論』 Vasco Pratolini (1958) ,『作家と民衆』 Scrittori e popolo (65) ,『トーマス・マンすなわちブルジョアジーの曖昧性』 Thomas Mann o dell'ambiguità borghese (71) ,『知識人と労働者階級』 Intellettuali e classe operaia (73) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アゾール・ローザ
あぞーるろーざ
Alberto Asor Rosa
(1933― )
イタリアの文学者。ローマ大学教授。ネオレアリズモに結実する近代イタリア文学の民衆主義を、政治的な視点から分析してそのプチブル性を暴いた『作家と民衆』Scrittori e popolo(1965)によって、新マルクス主義的文学批評を開拓。以後、作家と社会の関係を軸に斬新(ざんしん)な形式で試みたイタリア文学史の総括や、国家統一後の文化史の叙述など、幅広い研究著作を精力的に続けている。[林 和宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アゾール・ローザ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アゾール・ローザの関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩大恐慌小津安二郎ルロイ伊藤大輔山中貞雄

他サービスで検索

「アゾール・ローザ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.