Rakuten infoseek

辞書

アセチルコエンザイムA【アセチルコエンザイムエー】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アセチルコエンザイムA
アセチルコエンザイムエー
acetyl coenzyme A
アセチル補酵素A。アセチル CoAとも書く。生体内で糖質,脂質,アミノ酸などの代謝過程の出発点となる重要な中間代謝物質で,コエンザイムAとアセチル基がエネルギーに富んだチオエステル結合をしている。ドイツの F.リネンによって酵母から単離され (1951) ,構造が明らかにされた。これより先,アメリカの生化学者 F.リップマンは,解糖系で生じたピルビン酸が呼吸のクレブス回路に流入するとき活性型酢酸となることを示唆していたが,その正体がアセチルコエンザイムAだったのである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アセチル‐コエンザイムエー(acetyl co-enzyme A)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アセチルコエンザイムA」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アセチルコエンザイムAの関連情報

関連キーワード

コエンザイムAアセチルCoAアシル活性化酵素β酸化脂肪酸コハク酸CoAリガーゼ(GDP形成)TCA回路脂肪酸生合成阻害型除草剤アセトアセチルCoAグリオキシル酸回路

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.