Rakuten infoseek

辞書

アスティ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アスティ
Asti
イタリア北西部,ピエモンテ州アスティ県の県都。トリノ東南東約 45km,ポー川支流のタナロ川に面する。ローマ時代の植民地。 13世紀に自治都市として全盛期を迎え,その後は衰微した。ブドウ,野菜栽培地帯の中心にあり,ここのワインはアスティワインとして有名。繊維,食品缶詰工業,窯業などがある。ゴシック様式聖堂などが多い。人口7万 2384 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あすてぃ【アスティ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

飲み物がわかる辞典

アスティ【Asti(イタリア)】

イタリア北西部のピエモンテ州アスティに産する、モスカートビアンコ種のぶどうを用いた白のスプマンテ。イタリアを代表するスプマンテの一つ。◇1865年、カルロ・ガンチアがフランスから製法を持ち帰ってつくりはじめたと伝えられる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アスティ
あすてぃ
Asti
イタリア北西部、ピエモンテ州アスティ県の県都。人口7万0598(2001国勢調査速報値)。タナロ川沿いに位置する。ローマ時代に自治市として発展、5世紀には司教座が置かれた。13~15世紀には、イタリア―フランス間の交通の要地として著しい繁栄をみた。今日なお存在するゴシック式の大聖堂や貴族の館(やかた)に、当時の繁栄ぶりをうかがうことができる。機械、食品などの工業が発達する。また、とりわけぶどう酒の生産では有名である。[堺 憲一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスティ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アスティの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.