Rakuten infoseek

辞書

アジュダ宮殿【アジュダキュウデン】

デジタル大辞泉

アジュダ‐きゅうでん【アジュダ宮殿】
Palácio Nacional da Ajuda》ポルトガルの首都リスボンの南西部、アジュダ地区にある新古典様式の宮殿。19世紀にブラガンサ王朝の王宮として、イギリスのバッキンガム宮殿を手本に建てられた。1910年のクーデターで王政が廃止され、現在は迎賓館として利用される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典

アジュダきゅうでん【アジュダ宮殿】
ポルトガルの首都リスボンのベレム地区にある、ブラガンサ王家(1640~1910年までポルトガルを統治した王朝)の旧王宮。共和制移行後は、迎賓館として利用されている。この宮殿は19世紀初め、女王マリア1世が1794年に火災により焼失した木造の王宮兵舎の跡地に、バロックロココ様式の新宮殿として建設したものである。その後、ルイス1世統治下の1861年に恒久的な王宮となった。宮殿内部にはジョアキン・マシャード・デ・カストロ作の「力天使像」や、19世紀初頭に制作された12使徒像のあるエントランスホールがある。宮殿の一部は博物館になっていて、19世紀のポルトガルの絵画を含む王宮ゆかりの品々が展示されているほか、学芸員の王宮内のガイドツアーが用意されている。また、宮殿内にはアジュダ図書館があり、大航海時代に日本にもやってきた宣教師たちが残した書簡や記録なども所蔵している。鉄道ベレム(Belem)駅から約2km、駅前からバスが利用できる。また、トラムのパラシオ・デ・アジュダ(Palacio de Ajuda)停留所からすぐの場所にある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジュダ宮殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アジュダ宮殿の関連情報

関連キーワード

AFL-CIOPAL方式ルイス(John Llewellyn Lewis)ルーサー電子政府ジョン・L. ルイス桜乃彩音シントラ宮殿ペーナ宮殿マフラ宮殿

他サービスで検索

「アジュダ宮殿」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.