Rakuten infoseek

辞書

アジャンター石窟群【アジャンターせっくつぐん】

世界遺産詳解

アジャンターせっくつぐん【アジャンター石窟群】
1983年に登録された世界遺産(文化遺産)で、インドのデカン高原西北部マハーラーシュトラ州のワゴーラ渓谷にある。ワゴーラ川岸の断崖に約600mにわたって掘られた、大小30の仏教の石窟寺院群が並ぶ。造営は前期(紀元前2~後2世紀)と後期(5世紀中頃から7世紀)に分かれ、簡素な前期窟に比べて後期窟は、豪華な壁画や多くの仏像が周囲を囲んで華やか。こうした壁画や彫刻は、6~7世紀に描かれたものでグプタ様式と呼ばれ、なかでも1窟にある「蓮華手菩薩像」の壁画はよく知られている。このような、インド仏教美術の源流として貴重な遺産であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はAjanta Caves

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジャンター石窟群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アジャンター石窟群の関連情報

関連キーワード

金井美恵子青山杉雨航空宇宙工業田原桂一[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門スペースシャトル飛行記録北川透佐藤さとる朝鮮映画

他サービスで検索

「アジャンター石窟群」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.