Rakuten infoseek

辞書

アシャンティの伝統的建築物群【アシャンティのでんとうてきけんちくぶつぐん】

世界遺産詳解

アシャンティのでんとうてきけんちくぶつぐん【アシャンティの伝統的建築物群】
1980年に登録された世界遺産(文化遺産)。アフリカ西部のガーナ第2の都市クマシ北東部アシャンティ州にある、伝統的な建築物である。これらはアシャンティ族により造られた建造物で、中庭を取り囲むように神殿が配置されている。これらの建物は粘土や木材やトタン屋根を使用して建てられ、鳥や魚、花などを象った美しい木彫りの装飾が施されている。アシャンティ族は17世紀末にアシャンティ王国を築き、18世紀に隆盛を迎え、ヨーロッパの商人たちとの奴隷と金の交易で栄えたが、イギリスと覇権を争って敗れて王国は滅び、植民地となった。その戦争の際に大半の建築物が失われ、今日残っている建造物の多くは20世紀になって復元されたものである。これらの建物は、年月の経過と過酷な気候のために劣化が進み、その保存が大きな課題になっている。◇英名はAsante Traditional Buildings

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アシャンティの伝統的建築物群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アシャンティの伝統的建築物群の関連情報

関連キーワード

黒人問題印僑醸造業RCA情報化社会平山郁夫ウェンツェル工業薬品工業自動車工業鈴木志郎康

他サービスで検索

「アシャンティの伝統的建築物群」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.