Rakuten infoseek

辞書

アコーディオン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アコーディオン
accordion
フリー・リード楽器の一種。蛇腹を備えたふいごを伸縮して風を送ると,空気が金属製のリードのついた穴を通過して発音する。右手でピアノ式の鍵盤 (もしくはボタン) とスイッチを操作し,左手でふいご (蛇腹) を伸縮すると同時に,低音と和音を伴奏用の押しボタンを操作して演奏する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アコーディオン(accordion)
リード楽器の一。蛇腹を伸縮させながらボタンや鍵盤(けんばん)を押して音を出す。手風琴

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アコーディオン【accordion】
リードオルガン属の楽器。手でふいごを操作しながら演奏する。手風琴ともいう。1821年ウィーンのブッシュマンC.F.L.Buschmannが発明し,29年に改良者のデミアンC.Demianがアコーディオンと名づけた。日本では明治20年前後から一般に普及した。 ピアノ式またはボタン式鍵盤の付いた高音側箱枠と,和音の出せるボタン式鍵の付いた低音側箱枠とが蛇腹のふいごで結合された構造をもつ。皮帯で肩から胸に固定し,右手で高音側の鍵を操作して旋律を奏し,左手はふいごを伸縮させながら鍵を操作しておもに伴奏を受け持つ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アコーディオン【accordion】
蛇腹式のふいごを備えたリード楽器。胸の前にかかえ、両手で蛇腹をのびちぢみさせ、同時に鍵盤けんばんまたはボタンを押して旋律や和音を演奏する。手風琴てふうきん。 → バンドネオン

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アコーディオン
あこーでぃおん
accordion
フリーリード(自由簧(こう))をもつ気鳴(きめい)楽器の一種。ふいごの原理を利用して箱形の蛇腹(じゃばら)を伸縮させ、金属製のリードに風を送って音を出す。リードは各音に2枚ずつつけられ、蛇腹の引き・押しに応じて片方が鳴る。奏者は楽器を胸につるし、右手で鍵(けん)およびストップを操作しておもに旋律を奏し、左手でふいごとバスボタンを操作して伴奏の低音や和音を奏する。左手のボタン一つで和音(アコード)ができることからアコーディオンとよばれる。リードオルガンの系譜を引きつつ、1777年にヨーロッパへもたらされた中国の笙(しょう)にヒントを得て、1821年にベルリンのブッシュマン、1829年にウィーンのデミアンが製作した。当初は右手の鍵はボタン式で、この型はコンサーティーナやアルゼンチンタンゴで使用されるバンドネオンに引き継がれている。1852年以後、ピアノ式鍵盤が普及した。大衆的な楽器としてダンスホールやカフェで使用される一方、芸術音楽の分野では1927年にヘルマンが独奏曲をつくり、1931年には音楽学校が創設されるに至った。ベルクやプロコフィエフらも自作において使用している。日本では手風琴とよばれ、明治20年代から薬の行商人が街頭で演奏するなどして全国的に広まった。1931年(昭和6)に封切りされた映画『巴里(パリ)の屋根の下』によって都会で流行し、現在まで流行歌や軽音楽の伴奏のみならず、手軽なことから労働運動の際や流しの職業歌手にも愛用されている。[中川 真]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アコーディオン
〘名〙 (accordion)⸨アコーデオン⸩ 楽器の一つ。蛇腹式のふいごを両手で伸縮させながら、鍵盤やボタンを押して演奏する。一九世紀の初め頃、ヨーロッパで発明され、軽音楽の独奏、伴奏に用いられる。手風琴。
※十五少年(1896)〈森田思軒訳〉二「小風琴(アッコーヂオン)を嗜(たしな)みて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アコーディオン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アコーディオンの関連情報

他サービスで検索

「アコーディオン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.