Rakuten infoseek

辞書

アグリジェントの遺跡地域【アグリジェントのいせきちいき】

世界遺産詳解

アグリジェントのいせきちいき【アグリジェントの遺跡地域】
1997年に登録されたイタリアの世界遺産(文化遺産)で、シチリア島南西部の丘陵斜面に位置する。アグリジェントは、紀元前6世紀の古代ギリシア植民都市に起源を発し、以来、地中海地方の中心都市となって、ギリシア・ローマ時代の都市造りに大きな影響を与えた。町周辺の小高い丘にある有名な「神殿の谷」には、春になるとオレンジの木の花の心地よい香りが広がる。考古学的にはコンコルディア神殿ほか、ヘラクレス、ユーノーなどのドーリス式オーダーの神殿が、当時の栄光を物語っている。こうした人類の歴史上、重要な例証を残すものとして世界遺産に登録された。◇英名はArchaeological Area of Agrigento

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アグリジェントの遺跡地域」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アグリジェントの遺跡地域の関連情報

関連キーワード

[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門香港映画黒沢清ホンダ・インターナビASEAN飯島耕一スペイン映画灰谷健次郎MVRDV

他サービスで検索

「アグリジェントの遺跡地域」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.