Rakuten infoseek

辞書

アクリル繊維【アクリルせんい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アクリル繊維
アクリルせんい
acrylic fibre
アクリロニトリルを主原料とした単重合体または共重合体の合成繊維の総称。共重合する酢酸ビニル・塩化ビニルなどの比率によって繊維の性質が異なる。狭義では,アクリロニトリルの比率が比較的高いものをモダクリル繊維と呼んで区別する。また表示法上は,アクリロニトリルの共重合比率が 50%以上のものをアクリル繊維,50%以下のものをアクリル系繊維と区別する。製造法はアクリロニトリルを溶剤に溶解させ,湿式または乾式紡糸法による。アメリカのデュポン社が 1949年に開発したオーロンが最初であるが,日本でも 50年代後半からエクスラン,カシミロン,ボンネル,ベスロンなどが工業化された。一般に比重が軽く,染色性,保湿性などにすぐれ,羊毛をはじめ綿,レーヨンなどとの混紡が容易である。セーター類,肌着などのほか毛布,カーペットなどに使われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アクリル‐せんい〔‐センヰ〕【アクリル繊維】
アクリロニトリルを主成分とする重合体から作った合成繊維。羊毛に似た手触りで軽く、保温性がよい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

アクリル繊維
アクリロニトリルを主原材料にした合成繊維の事。主に、布や服の生地として使用されている。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アクリルせんい【アクリル繊維】
アクリロニトリルを重合,あるいは他のモノマー(単量体)と共重合させて作られる,羊毛に似た性質をもつ合成繊維。柔らかく暖かい肌ざわりが特徴で,セーター,スポーツウェア,靴下,メリヤス肌着,和服のショール,毛布,ぬいぐるみ玩具などに使われている。三大合成繊維の一つで,ポリエステル繊維,ナイロンに次ぐ生産量をもつ。厳密には,アクリル繊維acrylic fiberとアクリル系繊維modacrylic fiber(モダクリル繊維)とに区別され,前者はアクリロニトリルの分量が50%以上(アメリカでは85%以上)のもの,後者はアクリロニトリルが40~50%(アメリカでは35~85%)のものをいう。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

アクリルせんい【アクリル繊維】
アクリロニトリルを主成分とする合成高分子からなる合成繊維の総称。羊毛に似た感触をもつ。衣類に広く利用される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アクリル繊維
あくりるせんい
acrylic fiber
アクリロニトリルCH2=CHCNをおもな構成成分とした合成繊維の一種。単量体の重合によってつくられているが、その単量体成分のアクリロニトリルの含有量が重量で40%以上50%以下のものをアクリル系繊維とよび、アクリロニトリルのそれ以上の含有量のアクリル繊維と区別している。前者はカネカロン、後者はカシミロン、ボンネル、エクスランなどの商品名で市販されている。アクリロニトリルだけでは繊維になりにくいので塩化ビニル(クロロエチレン)や酢酸ビニルと共重合されている。アクリロニトリルだけの繊維は炭素繊維をつくる原料としてのみ使用され、アクリル酸エステル、メタクリル酸エステル、酢酸ビニルなどと共重合したものであり、共重合の結果、染色性、溶解性などが改良される。アクリル繊維は、ポリプロピレンを別にしてナイロンとともにもっとも軽い合成繊維で、羊毛に似て、柔らかく、かさ高い温かみのある触感を示し、さらに引張り特性が羊毛よりよく、おもに短繊維の形で生産されている。合成繊維は一般に他の繊維と混紡されるが、とくにアクリル繊維は羊毛、レーヨン、木綿と混紡されている。[垣内 弘]
『片山将道著『アクリル系合成繊維』(1959・日刊工業新聞社) ▽桜田一郎ほか編『合成繊維』(1964・朝倉書店) ▽祖父江寛著『産業化学シリーズ 合成繊維』改訂(1975・大日本図書) ▽宮坂啓象・岡本三宜著、日本化学会編『新産業化学シリーズ 新合成繊維』(1996・大日本図書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクリル繊維」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクリル繊維の関連情報

他サービスで検索

「アクリル繊維」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.