Rakuten infoseek

辞書

アクリル樹脂【アクリルじゅし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アクリル樹脂
アクリルじゅし
acrylic resin
広義には,アクリル酸およびそのエステルなどの誘導体,およびメタクリル酸メチルなどのメタクリル酸誘導体の重合体および共重合体総称であるが,普通にはその代表的な合成樹脂ポリメタクリル酸メチルをさしていう。アクリル酸エステルの共重合体は塗料,接着剤などに使用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アクリル‐じゅし【アクリル樹脂】
代表的なプラスチック一種アクリル酸メタクリル酸、およびそれらの誘導体を重合して作る合成樹脂の総称。透明度が高く硬いが、すり傷がつきやすい欠点がある。ガラスなどに使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

アクリル樹脂
代表的なプラスチックの一種。アクリル酸エステルあるいはメタクリル酸エステルの重合体で、透明性の高い非晶質の合成樹脂。高い透明性・耐衝撃性があり、熱可塑形成・着色が容易なことから、無機ガラスの代用品として建築や乗物の窓材、照明器具のカバー、道路標識日用品事務用品工芸品など、幅広く利用されている。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アクリル樹脂
 アクリルポリマーともいう.アクリル酸,メタクリル酸とそのエステルが重合した樹脂.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アクリルじゅし【アクリル樹脂 acrylic resin】
アクリル酸またはメタクリル酸のエステルを主成分とする樹脂の総称であるが,一般には有機ガラスとして知られるメタクリル酸メチル樹脂methyl methancrylate resinを指す。  メタクリル酸メチル樹脂は無色透明で,硬く,かつ耐候性にすぐれている。とくに透明性は通常知られている樹脂中もっとも高く,かつ屈折率も大きいので,光学材料として広く用いられている。とくに無機ガラスに比べ,強靱であり,安全性が高く,着色,加工も容易であり,照明用,看板・広告用をはじめ,自動車,航空機の窓ガラス,住宅,工場の明り採りなどに用いられる。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

アクリルじゅし【アクリル樹脂】
アクリル酸およびその誘導体の重合によってつくられた合成樹脂。透明度が高く、軽くて丈夫で、酸・アルカリに比較的安全であるが表面にきずがつきやすく、アセトンなどの有機溶剤に溶けやすい。有機ガラス・歯科材料・接着剤・塗料に利用される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アクリル樹脂
あくりるじゅし
acrylic resin
代表的なプラスチックの一種。アクリル酸やメタアクリル酸などのエステルからの重合体の一般名である。その代表的なものはメタクリル酸メチルエステルCH2=C(CH3)CO2CH3(メタクリル酸メチル、略称MMA)の重合体で、一般には「有機ガラス」の一つとして知られている。アセトンCH3COCH3とシアン化水素酸(青酸)HCNとメタノール(メチルアルコール)CH3OHを原料としている。比重1.18。透明性のよいプラスチックで、光とくに紫外線を普通のガラスよりも通しやすい。安定で耐光性もよい(光の照射によって退色したり品質を劣化させない)。同様に透明性の高いプラスチックとしてポリスチレンがあるが、それとは異なり、温めて曲げたりする細工がしやすい。耐候性、電気絶縁性、耐水性ともに優れ、150℃以上で圧縮成形もできる。また型に注入して透明な注型品をつくることもできる。航空機、自動車の風防ガラスとして、またチタン白(はく)(チタンホワイト)を混入して白色の照明器具のカバー、建築材料など多方面に使われている。ガラス以上の透明性をもち、ガラスの重さの約半分で、加工性も優れている反面、硬度が小さいので擦(す)り傷、ほこりがつきやすい欠点がある。医療用材料としてはコンタクトレンズと義歯のほとんどがこの樹脂でつくられている。さらに塗料用樹脂としていろいろのアクリル樹脂変性塗料が自動車に使われている。
 またアクリル酸やそのメチルエステルやエチルエステルの重合物や共重合物がある。アクリル酸メチルエステルCH2=CHCOOCH3の重合物は接着剤や塗料、織物の樹脂加工用として耐摩擦強度の増加、つや消しとして使われている。アクリル酸の重合体のナトリウム塩は水溶性高分子電解質である。酸を加えると一度固まるが、よく振り動かせば溶解する。きわめて粘度が高い。化粧品用としてヘアローション、ポマードなどの基材となる。また、このカルシウム塩は土壌改良剤になる。[垣内 弘]
『浅見高著『プラスチック材料講座 アクリル樹脂』(1970・日刊工業新聞社) ▽中部経営開発センター編『アクリル樹脂の合成・設計と新用途開発総合技術資料集』(1985・中部経営開発センター出版部) ▽竹原あき子著『魅せられてプラスチック――文化とデザイン』(1994・光人社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクリル樹脂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクリル樹脂の関連情報

他サービスで検索

「アクリル樹脂」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.