Rakuten infoseek

辞書

アクセプター

デジタル大辞泉

アクセプター(acceptor)
半導体の結晶に混ぜられる、原子価のより小さい不純物。新しいエネルギー準位をつくり、半導体の電気伝導率を増加させる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アクセプター【acceptor】
半導体において価電子帯(充満帯ともいう)から電子をうけとって正孔を作り,電導性を与える働きをする不純物または格子欠陥。すなわち電子で満たされた価電子帯では満員であるため電子の移動は不可能であるが,あき(正孔)があれば可能となる。一般に正孔はアクセプターの近くに比較的ゆるく捕らえられており,温度が上がると離れて電導性に寄与する。代表的な例はシリコンやゲルマニウム結晶中に溶けこんだAl,Gaなど3価の不純物原子である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アクセプター【acceptor】
半導体中で電子を受け取って、半導体本体に正孔をつくる不純物。これが多いと半導体には正孔が増加して電流が流れるので p 形の半導体となる。シリコン半導体に対するホウ素・ガリウムはその例。 ⇔ ドナー

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクセプター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクセプターの関連情報

他サービスで検索

「アクセプター」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.