Rakuten infoseek

辞書

アクセス権【あくせすけん】

パソコンで困ったときに開く本

アクセス権
パソコンのデータや機能にアクセスする権利のことです。単にアクセスできる/できないというだけでなく、画面から見えない、読めるけれど編集できないなどの設定もあります。例えば、ウィンドウズでは1台のパソコンを複数の利用者が共有する機能があり、同じパソコン内にある、自分の「ドキュメント」フォルダーには自分以外の利用者はアクセスできないように設定されています。
⇨アクセス、共有、マイドキュメント

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

アクセス‐けん【アクセス権】
公文書の閲覧・謄写など、公の情報を入手し利用する権利。
マスメディアに受け手側の市民が送り手として参加する権利。反論の機会を要求したり、意見広告を載せたりする権利。
コンピューターネットワークやサーバー、またはコンピューターのファイルにアクセスする権限、および可能な作業範囲に関する権限のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

アクセスけん【アクセス権】
コンピューターのファイルフォルダーコンピューターネットワーク、周辺機器などを利用する権限。オペレーティングシステムにより、利用できる権限の範囲や対象を設定することができる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アクセスけん【アクセス権 right of access】
アクセスとはアプローチ(接近)という意味に近いが,法律用語としてのアクセス権はむしろ入手,利用する権利のこと。例えば,公共用地利用権や裁判を受ける権利の際,古くからアクセスという言葉が用いられてきた。しかし,最近はおもにコミュニケーション関係において使われる。その第1は情報公開に関するもので,公文書などの閲覧,謄写を求める権利を〈公情報へのアクセス権〉と呼んでいる。それは法的な権利であり,公共機関の裁量で行われる情報提供サービスとは異なる概念とされている。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

アクセスけん【アクセス権】
一般市民が、国・自治体などのもつ文書・情報の内容などを公開させて知ることのできる権利。 → 情報公開制度知る権利
マス-メディアを利用して意見広告や反論を発表する権利。マス-メディアへのアクセス権。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アクセス権
アクセスけん
right to access
(1) 情報の受け手となっている市民が,情報の送り手としてのマス・メディアへ参入し利用する権利,あるいは報道によって批判された人間が,同じマス・メディアを利用して自己主張する反論権の意味で用いられる。対象に「近づく」という語源から転じたもので,明確な権利として確立したものではないが,日本では憲法21条(→表現の自由)にその根拠があるとされている。具体的なかたちとしては,(a) 批判・抗議・要求・苦情,(b) 意見広告,(c) 反論,(d) 紙面・番組参加,(e) 運営参加などがある。
(2) 政府,自治体が保有する情報に近づき,それを知ることができる権利。情報開示請求権。いずれも情報の一方的発信者,あるいは保有者に対する市民側の発言権,知る権利として主張される。(→情報公開

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アクセス権
あくせすけん
right of access
ここでは主としてマス・メディアに対する一般市民の側の権利概念をさす場合を取り上げる。

意義と用法

アクセス権という権利概念は、イギリス法では比較的早い時期から認められていたが、この権利は、「……へのアクセス権」right of access to ……というように、「……」の部分にその客体となる目的語を伴って使われるのが普通である。たとえば「なぎさへのアクセス権」right of access to beaches(今日の日本の議論でいえば、入浜(いりはま)権的なもの)、「子供へのアクセス権」right of access to children(子供との面接権)、「公的記録へのアクセス権」right of access to public records(公的記録閲覧権)など、その用例は枚挙にいとまがないといえる。
 しかし、日本で、今日、アクセス権という概念で主として論じられているのは、その目的語として「マス・メディア」や「情報」を伴うものである。とくに、「マス・メディアへのアクセス権」right of access to mass mediaという主張が、アクセス権ということばへの関心を高めたとみてよいであろう。そこで、このマス・メディアへのアクセス権の生成や展開などについてみることにする。[堀部政男]

マス・メディアへのアクセス権

近代社会における言論の自由は、国家からの言論の自由、国家によって言論を抑圧されない自由を意味し、言論の自由をめぐる緊張関係は、国家権力と言論主体との間に存在していた。これは、言論の自由における二極構造と把握することができる。ここでは、メディアと市民は一体となって国家による言論抑圧と闘ってきた(このような意味における言論の自由の重要性は、現代においても強調されなければならない)。ところが、資本主義の発展に伴って、メディアもマス化し、集中化し、独占化の傾向を強めるようになった現代社会においては、市民一般はマス・メディアから疎外され、情報の「送り手」と「受け手」という二つの階層が生まれるに至り、しかも、両者の間には、資本家と労働者の関係にみられるように、一般的には、立場の互換性がなくなってきている。ここでは、元来、言論の自由の享有主体として一体のものと考えられてきたメディアと市民の間に一定の対抗関係が生じるようになり、現代の言論の自由をめぐる緊張関係は、国家とメディアと市民の間に存しているとみられる。このことは、かつての国家対メディア=市民という二極構造から、国家対メディア対市民という三極構造への移行として特徴づけることができる。
 この三極構造のなかのメディアと市民の間の対抗関係は、種々の形で出てきている。たとえば言論の自由の本来的享有主体である市民が、大量的な伝達手段であるマス・メディアに対して自己の意見をなんらかの形で伝達するよう要求しても、マス・メディアが自らの言論の自由や編集権、編成権を主張して、市民のアクセスを拒絶することがあるので、両者の間に対立意識が生まれることになる。そこで、市民の側がマス・メディアへアクセスする権利があると主張して、これを法的に承認するよう求めるようになった。そのようなアクセス権のうち、とくに、マス・メディアが特定の者を批判するような場合に、それに対する反論を掲載、放送するよう要求する権利が反論権right of replyである。諸外国の立法例や判例のなかには、事実の誤りの訂正を求める権利や印刷メディアとは区別される放送メディアについて公平の見地から反論権などを認めているものもある。日本では、1970年代中葉に至って各方面で議論されるようになった。マス・メディアのアクセス権は、従来の言論の自由の観念に対してコペルニクス的転回を迫るものであると評されている。[堀部政男]
『堀部政男著『アクセス権』(1977・東京大学出版会) ▽堀部政男著『アクセス権とは何か』(岩波新書) ▽J・A・バロン著、清水英夫・堀部政男・奥田剣志郎・島崎文彰訳『アクセス権――誰のための言論の自由か』(1978・日本評論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

アクセス権
情報へアクセスする権利.第一に,マスコミュニケーション環境の中で情報の生産者であるテレビ局ラジオ局,新聞社,出版社などが行った報道(情報発信)に対して,受け手の側が反論する場の確保や訂正などを要求する権利のことである.これは,巨大化するマスメディアに対して,受け手の側からコントロールを行おうというものである.第二に,本来公共的な性格を持つ情報が入手できないところに存在していたり,隠されていたりする場合に,その情報の入手を求める権利のことである.こちらは知る権利とほぼ同義であり,政府情報や企業情報の公開の議論の中で指摘されてきた.さらに,後者の概念の延長として,情報ネットワークの発展に伴って,あらゆる人々が支障なく非差別的に,かつ適正な価格でネットワーク上の情報にアクセスできるようにすべきことを主張する情報アクセス権が提案されている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクセス権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクセス権の関連情報

他サービスで検索

「アクセス権」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.