Rakuten infoseek

辞書

アクション【あくしょん】

デジタル大辞泉

アクション(action)
動作。活動。「アクションを起こす」
俳優の所作・演技。特に、動きの激しい演技。「アクションスター」「アクションシーン」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あくしょん【アクション】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アクション【action】
動作。行動。
俳優の演技。特に格闘などの荒々しい演技。 -映画

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アクション
〘名〙 (action)
① 人の動き。
(イ) (思索や観念などに対して) はっきりと形に現われた行為。直接的な行動。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一四「『〈略〉何をしたら好(い)いか分らなくなる』『行為(アクション)さ。本を読むばかりで何にも出来ないのは〈略〉』」
(ロ) 俳優の動作・演技。〔モダン辞典(1930)〕
(ハ) 映画などにおける、激しい乱闘。これを見せ場とする現代劇を「アクションもの」「アクション映画」などという。
② 鍵盤楽器の鍵盤の動きを発音機構に伝える装置。
※備忘録(1927)〈寺田寅彦〉調律師「鍵盤のアクションの工合の悪いのを一つ一つ丹念に検査して行く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクション」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクションの関連情報

関連キーワード

WebフォームWebセントリックマーケティングWebHTTP多変量着地ページ最適化WebサイトWebプレゼンス管理cookieマッシュアップWebプレゼンス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.