Rakuten infoseek

辞書

アクション・ペインティング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アクション・ペインティング
Action painting
現代美術の用語。 1952年アメリカの評論家 H.ローゼンバーグが生み出した言葉。ポロックやデ・クーニングなどに代表される抽象表現主義の絵画の特徴について,画面の造型性より,むしろ描くという行為自体が重視され,それによって意識下の世界の表出が意図されたものとして命名された。その典型であるポロックは床にキャンパスを広げ,筆を用いずに塗料を直接たらすこと (ドリッピング) によって制作し,中心のない均質な画面 (オール・オーバー) を生み出した。アクション・ペインティングは第2次世界大戦後のアメリカ美術を世界的に認知させた最初の動向であるのみならず,その後のアメリカ美術の展開に決定的な影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アクション・ペインティング
あくしょんぺいんてぃんぐ
action painting
行為の絵画の意味。アメリカの抽象表現主義と同義に用いられる場合もあり、かつフランスのアンフォルメルinformel、タシスムtachismeに相応する。この語は批評家のローゼンバーグが1952年『アート・ニューズ』誌9月号に発表した「アメリカのアクション・ペインターズ」によっており、その劇的な文章は一時期、一世を風靡(ふうび)し、ハプニングの理論に影響を与えた。ローゼンバーグによって1940年代より追求されてきた行為の考察が絵画に適用されたもので、画布は完成・結果に向けての芸術表現の手段ではなく、素材と格闘する競技場であり、その過程が価値づけられる。ここにはダダイズムのパフォーマンス、シュルレアリスムのオートマティスム、実存哲学をはじめとする行為論の影響がある。デ・クーニングがその典型的な画家とみなされていたが、彼の絵画は部分的な筆致の激しさをもつものの、画面全体はキュビスムの空間形式に準じている点にこの用語の矛盾があった。
 以後ローゼンバーグは適用範囲を、ポロック、そしてデ・クーニングとは相反するニューマンにまで広げていったが、そのために独自性を失い、今日では抽象表現主義という用語が広く使われている。なお、アービング・サンドラーのように「ジェスチュア・ペインティング」gesture paintingという用語を使用する者もいる。[藤枝晃雄]
『ローゼンバーグ著、中屋健一・東野芳明訳『新しいものの伝統』(1965・紀伊國屋書店) ▽ローゼンバーグ著、平野幸仁・度會好一訳『行為と行為者』(1973・晶文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクション・ペインティング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクション・ペインティングの関連情報

関連キーワード

マキノ雅広斎藤寅次郎級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.