Rakuten infoseek

辞書

アクサーコフ兄弟【アクサーコフきょうだい】

世界大百科事典 第2版

アクサーコフきょうだい【アクサーコフ兄弟】
ロシアの思想家S.T.アクサーコフの子。兄コンスタンティンKonstantin Sergeevich Aksakov(1817‐60)はスラブ派の思想家,文学者で,〈権力はツァーリに,言論は民衆(ナロード)に〉をモットーとして,両者の相互不可侵の共存関係を理想化した。アレクサンドル2世への上奏文《ロシアの内情》(1855)の中で彼は,政治権力を必要悪とする立場から,専制的国家体制の存続を認める一方,民衆(=農民)の自律的な共同体原理にもとづく国の有機的統一体(ゼムリャー)の回復を訴え,また,権力と民衆との共存を保障するためツァーリの諮問機関として全国議会(ゼムスキー・ソボル)の設置を提案し,その前提として民衆に言論の自由を与えるよう求めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アクサーコフ兄弟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクサーコフ兄弟の関連情報

他サービスで検索

「アクサーコフ兄弟」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.