Rakuten infoseek

辞書

アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ【アクイレイアのいせきちいきとそうしゅきょうせいどうバシリカ】

世界遺産詳解

アクイレイアのいせきちいきとそうしゅきょうせいどうバシリカ【アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ】
1998年に登録された世界遺産(文化遺産)で、イタリア北東部、トリエステの西約50kmに位置する。アクイレイアは紀元前2世紀にできた植民都市を起源とし、古代ローマ最大の都市の一つだった。その大部分が、ほぼ完全な形で残っている。総主教聖堂バシリカは4世紀建造の聖堂を土台に11世紀に建てられたロマネスク様式の教会で、東方地域(ドナウ川、バルカン方面、イストリア、ハンガリー)の布教に際しては重要な役割を担った。教会の内部では、4~5世紀のモザイクの敷石などを見ることができる。人類の歴史上、重要な時代を例証することが評価されて、世界遺産に登録された。◇英名はArchaeological Area and the Patriarchal Basilica of Aquileia

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカの関連情報

関連キーワード

平山郁夫多和田葉子[各個指定]工芸技術部門朝鮮民主主義人民共和国Kiroroグリーンランドゴダール(Jean-Luc Godard)自動車工業植物ホルモン生活教育

他サービスで検索

「アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.