Rakuten infoseek

辞書

アクアラング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アクアラング
Aqua-Lung
水中呼吸用具の商品名。「水中肺」の意。圧縮空気を詰めたボンベを利用し,圧力を調節して空気を送る装置とマスクを組み合わせたもの。 1943年,フランスの海洋探検家ジャック・イブ・クストーらによって考案された。当初は機雷の処理などに用いられたが,第2次世界大戦後の 1947年に市販されて以来,潜水用具,水中スポーツ用具として世界的に普及した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アクアラング(aqualung)
《水中の肺の意》水中で呼吸するための潜水用具の商標名。→スキューバ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あくあらんぐ【アクアラング】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アクアラング【aqualung】
ラテン aqua+ lung 水の肺の意の造語〕
潜水用の呼吸器具の商標名。 → スキューバ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アクアラング
あくあらんぐ
aqualung
高圧の圧縮空気を携帯して潜水を行う機械の商品名。一般的にはスキューバとよんでいる。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アクアラング
(Aqualung 「水中の肺」の意の造語) 潜水用の呼吸器具の商標名。圧縮空気のタンクを背負い、これと顔につけるマスクを管で結んだもの。
※肌色の月(1957)〈久生十蘭〉「夕方までに揚らなかったら、明日からアクア・ラングでやる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクアラング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アクアラングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.