Rakuten infoseek

辞書

アギーレ,神の怒り【アギーレかみのいかり】

世界大百科事典 第2版

アギーレかみのいかり【アギーレ,神の怒り Aguirre,Der Zorn Gottes】
1960年代後半から70年代に台頭した〈ニュー・ジャーマン・シネマ〉の金字塔といわれるヘルツォークWerner Herzog(1942‐ )監督の1972年作品。《小人の饗宴》(1970),《カスパー・ハウザーの謎》(1974)では疎外された人間の抵抗や狂気を描き,《蜃気楼》(1968),《ガラスの心》(1976)では世界の終末の予感に満ちた地球の奇怪な原風景を描き,《生の証明》(1967),《シュトロツェクの不思議な旅》(1977)では西欧文明への絶望と人間性の崩壊を描いたヘルツォーク監督が,未知のカタストロフ(破局)に魅せられたように突き進んでいく人間たちの肉体的,精神的な極限状況を,原生林に包まれた大アマゾン流域にオール・ロケを敢行して描き出す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アギーレ,神の怒り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アギーレ,神の怒りの関連情報

関連キーワード

新藤兼人磯崎新国際通貨問題黒人文学メタボリズム川添登安保闘争鈴木清順丹下健三朝鮮映画

他サービスで検索

「アギーレ,神の怒り」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.