Rakuten infoseek

辞書

アギトアリ【あぎとあり】

知恵蔵mini

アギトアリ
ハリアリ亜科アギトアリ属のアリ。東南アジアの熱帯・亜熱帯地域に分布し、森林の石や倒木の下に営巣する。体長は働きアリで1~1.3センチと大型で、体色は黒褐色から暗褐色。働きアリ以外の雄と雌は羽を持つ。180度に開く大きなあごと尾端に備えた毒針を利用し、小型の昆虫などを捕らえて食べる。日本では屋久島や種子島など九州南部で生息が確認されていたが、2012年に入り、大阪府や岡山県、神奈川県など本州各地で相次いで発見されている。
(2012-11-22)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あぎとあり【アギトアリ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アギトアリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アギトアリの関連情報

他サービスで検索

「アギトアリ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.