Rakuten infoseek

辞書

アキアミ(秋醬蝦)【アキアミ】

世界大百科事典 第2版

アキアミ【アキアミ(秋醬蝦) Acetes japonicus】
アミの名はあるが,アミの仲間ではなく甲殻綱サクラエビ科に属するエビ。体長3cmに達する。淡い桃色で,死ぬと白色になる。サクラエビに似ているが,頭胸甲に肝上棘(かんじようきよく)があること,額角の基部に1本のとげがあること,第1胸脚がはさみをもつこと,体に発光器がないことで区別される。産卵期は5月上旬から10月上旬で,例えば体長2.5~3cmの雌で約7000粒を放卵する。9~10月に孵化(ふか)したものは越年し,翌年の5~7月に産卵する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アキアミ(秋醬蝦)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アキアミ(秋醬蝦)の関連情報

他サービスで検索

「アキアミ(秋醬蝦)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.