Rakuten infoseek

辞書

アガトクレス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アガトクレス
Agathoklēs
[生]前361. テルマエヒメラエアエ
[没]前289. シラクサ
古代シチリア,シラクサ (→シラクーザ ) の僭主 (在位前 317~304頃) ,のちに王 (在位前 304頃~289) 。前 343年頃シラクサに出,軍隊で頭角を現す。前 317年軍を率いて寡頭政を打倒,みずから僭主となり,シチリアのギリシア人と戦い多くの都市を制覇した。前 310年カルタゴと戦い,シラクサを包囲されたが,脱出して敵本拠アフリカをついて成功。前 307年敗れたが,翌年和を結んでカルタゴ勢をシチリア西部に封じ込めた。前 304年頃王を称し,南イタリア,アドリア海に進出したが,死後シチリアのカルタゴ勢が再び強力となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アガトクレス【Agathoklēs】
前360‐前289
シラクサの僭主,王。シチリア島北岸に生まれ,シラクサに移住。外敵との戦いに名声を得て民主派の指導者となり,前316年,寡頭派を倒して僭主となった。アクラガスやカルタゴと戦い,シチリア島東半を支配下に収め,前304年には王を称し,南イタリアにも進出したが,前289年,後継者に立てようとした同名の子を殺されたため,民主派に政権を引き渡し,間もなく病死した。【清永 昭次】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アガトクレス
あがとくれす
Agathokles
(前361―前289)
ヘレニズム時代のシチリア島シラクサの僭主(せんしゅ)。寡頭派支配の打倒を目ざして、二度にわたり追放されたのち、紀元前317~前316年に傭兵(ようへい)の力でシラクサの僭主となり強国策を行った。前311年カルタゴ軍によって攻撃を受け包囲されると、アフリカに上陸して逆にカルタゴ市を攻め、敵の攻囲を失敗させた。カルタゴとの講和(前306)後シチリア島の大部分を支配し、前304年にはシチリア王を称した。のちには南イタリアにまで及ぶ大王国の建設を目ざしたが果たせなかった。[篠崎三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アガトクレス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アガトクレスの関連情報

関連キーワード

コンスタンティウス[2世]コンスタンチウス2世ユリアヌス商鞅木曽(町)コンスタンティウス2世唐津市の駐在員防災士碁盤

他サービスで検索

「アガトクレス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.