Rakuten infoseek

辞書

アカカマス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アカカマス
Sphyraena pinguis; red barracuda
スズキ目カマス科海水魚。全長 50cm。体は細長く円筒形。頭部は細くとがり,下顎が突き出し,歯は鋭い。腹鰭起部は第1背鰭起部の直下より前方にある。体色は背面が赤みを帯びた黄褐色腹面銀白色体側に褐色の縦帯がある。本州中部から南シナ海の沿岸に分布する。定置網底引網で漁獲される。肉は白く淡白。塩焼き干物にして食される。特に旬の秋は美味。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アカカマス
 [Sphyraena pinguis].スズキ目カマス科の海産魚で,日本では南部の沿岸でとれる.全長30cmほどになる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あかかます【アカカマス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アカカマス
あかかます / 赤・赤
red barracuda
[学]Sphyraena pinguis
硬骨魚綱スズキ目カマス科に属する海水魚。北海道のオホーツク海および南西諸島を除く日本、東シナ海、南シナ海に分布する。体は細長く、下あごが突出し、目は小さいが両あごの歯は鋭い。腹びれの始部は第1背びれ始部のはるか前方にある。側線鱗(そくせんりん)は87~94枚。沿岸の浅所に生息する。夜間に活発に活動して、おもに小魚などを捕食する。産卵期は6~7月。1年で20センチメートル余り、2年で30センチメートルたらずに成長する。最大で全長約40センチメートルになる。肉は白くて淡泊であり、干物、塩焼き、煮魚として風味がある。旬(しゅん)は秋季から冬季。[落合 明・尼岡邦夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカカマス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アカカマスの関連情報

関連キーワード

ナマズヒガンバナ(彼岸花)ベーカー=ナン・カメラミズカンナワオキツネザルワサビダイコン(山葵大根)カザリドリカニクイザル層別刈取法ソクシンラン(束心蘭)

他サービスで検索

「アカカマス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.