Rakuten infoseek

辞書

アオギス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アオギス
Sillago parvisquamis
スズキ目キス科の海水魚。体長 30cm。体色が青みを帯びていることからこの名がある。ヤギスともいう。四国の吉野川河口,山口県木屋川河口,大分県,鹿児島県,台湾に分布する。かつては江戸前の釣魚として知られた(→脚立釣り)。食用にも供されるが,味はシロギスより劣る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アオギス
 [Sillago parvisquamis].スズキ目キス科の海産魚で,体長40cmになる.食用魚.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アオギス【Sillago parvisquamis】
スズキ目キス科の汽水魚(イラスト)。別名ヤギス。東京湾釣師はかつて大きさにより,三年ヒネ,四年ヒネ,五年ヒネなどと呼んだ。アオギスの名はキス(シロギス)に比べ,背部が青緑色みが強いことによる。体は細長い円筒形で,第2背びれの各軟条前縁に沿って前方では7個,後方にいくにしたがって減り後ろでは1個の小黒点列があり,腹びれ,しりびれの前縁が黄白色である。全長50cmに達する。内湾性が強く,干潟のよく発達した汽水域で,干潮時には砂が露出するようなところにすんでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アオギス
あおぎす

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アオギス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アオギスの関連情報

関連キーワード

イベリスオオバコ生活形バルサアオギリ(青桐∥梧桐)オイルフェンスザミアスプレケリア雑巾タシロイモ

他サービスで検索

「アオギス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.