Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

アウロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アウロス
aulos
管楽器の一種。古代ギリシアからローマ時代に最も普及したダブル・リードの木管楽器。2本のをもつものが普通。元来オリエント起源の楽器で,太陽神アポロの楽器キタラとは対照的に,ディオニュソスやマルシュアス神に結びつけられ,官能的な響きを特徴とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アウロス(〈ギリシャ〉aulos)
古代ギリシャの管楽器。2本の管からなり、リードが二つあり、同時に吹く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アウロス【aulos[ギリシア]】
2本の管をV字形につないだ複簧の管楽器。古代ギリシアではリラキタラとともに最も重要な楽器とされた。円筒形の管はアシと銅(ピンダロスの《ピュティア頌歌》にみられる),木,骨,象牙などで作られ,2本同時に吹き鳴らす。前6世紀からローマ時代まで4~15個の指孔をもつものが使われ,音域は2~3オクターブに及ぶこともあった。リラやキタラが太陽神アポロンを象徴する楽器として使われたのに対し,アウロスが情熱や陶酔をあらわすディオニュソス的な要素をもつものとみなされたのは,その激しい音色のためである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アウロス
あうろす
aulos

古代ギリシアの気鳴楽器。2本の管からなるダブルリード楽器。起源は小アジアといわれ、今日のバッグパイプのような甲高く突き刺すような音色をもっていたと思われる。弦鳴楽器キタラが太陽神アポロンの古典的明澄性の象徴として、おもに叙事詩や叙情詩の伴奏に用いられたのに対し、アウロスはその熱狂的な音色のため、ディオニソス祭をはじめ、それから発展した悲劇のなかの合唱の伴奏などに用いられた。なお、アウロス奏者サカダスのつくった『ピューティアのノモス』(前586)は、標題音楽の最古の例として知られている。

[岡田暁生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アウロスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.