Rakuten infoseek

辞書

アウトレット【あうとれっと】

朝日新聞掲載「キーワード」

アウトレット
メーカーや卸業者などが在庫処分のために、流行遅れ季節外れ、規格外商品などを格安で消費者に直接販売する店のこと。日本では1990年代から、おもに大型郊外店で衣料品アクセサリーなどのブランド品の販売を中心に広がった。不況に強いとされ、家電量販業界でもここ数年で出店が加速している。
(2010-06-15 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

アウトレット(outlet)
《出口・はけ口の意》商品の販路。販売店。「ファクトリーアウトレット(=工場直販)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

アウトレット
もともとアメリカの流通業界において、ブランド・メーカーの衣料品やアクセサリーなどの、流行遅れ商品や通販のクーリングオフ品、実用上は問題のない欠格品を格安で購入出来るシステム。高級メーカーやブランドのものが、多数あり、日用品以外にも家具などが多数存在するため、業者購入するよりも、格安で手に入れる事ができる。そのため、建築費のコスト削減にも繋がる。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アウトレット【outlet】
出口。放出口。
メーカーや卸業者が、在庫品などを処分するため、倉庫や直営店で価格を下げて販売すること。また、そのように販売される商品。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アウトレット
outlet
多少傷のついた商品,季節外や旧型の商品,売れ残り品,またはその販路。本来は出口,はけ口の意味。通常の使用に耐えうるこうした商品を値引き価格で販売する小売店をアウトレットショップ(ストア),ショップが大規模な敷地に集積したものをアウトレットモール(パーク)といい,1980年代のアメリカ合衆国で発展し,1990年代に日本に進出した。製造業者が工場や倉庫の近くで流通コストをかけずに販売するファクトリーアウトレット(工場直販)と,百貨店などの小売業者が運営するリテールアウトレットがある。在庫管理の点で製造業者,小売業者ともに不良在庫を抱えずにすみ,消費者も商品が格安で手に入るという利点がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウトレット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アウトレットの関連情報

他サービスで検索

「アウトレット」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.