Rakuten infoseek

辞書

アウトバーン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アウトバーン
Autobahn
ドイツの高速自動車国道。ヒトラーが産業・軍事上の目的と失業対策を兼ねて企画,土木技師 F.トートを道路総監とし,自動車国道営団に工事と道路経営を命じ,1933年9月に起工したのが始りで,当初はライヒスアウトバーンと称した。自動車専用道路を全国的な幹線交通網として整備する構想は世界的にも先駆的な試みで,大規模な計画,設計,工事方法など世界道路史上,画期的なものであり,陸上交通の中心が自動車に移り,高速道路の代表として世界の注目を集めた。最初の計画では,総延長1万 4000kmであったが,第2次世界大戦中,42年の工事中止までに,3859kmを完成。戦後,西ドイツでは,このうち 2110kmを引継ぎ,55年から修理と延長工事に着手,その延長は 4000km以上となり,85年までに 8500kmの延長工事を計画,実施中である。 90年に東西ドイツが統一されたのちは,旧東ドイツ地域においてアウトバーンが優先的に建設整備されている。道路設計は 3.5~5mの中央緑地帯をはさんで,両側に 7.5m幅の車道を設け,車道には,緑地帯に接して 0.4m,外側に 1m幅の2本の側道がつく。コンクリートとアスファルトで,平均 22cmの舗装をし,平均 30~40kmごとに給油所,平均 150km間隔で休憩所,3kmおきに非常用電話を設置。また立体交差方式の採用など,近代的高速道路の典型である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アウトバーン(〈ドイツ〉Autobahn)
ドイツとオーストリアにまたがる、自動車専用の高速道路網。建設は1933年にヒトラーが着手。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

アウトバーン
西ドイツ出身の電子音楽ユニット、クラフトワークの曲。アルバム「アウトバーン」(1974年)からのシングル。アルバムでは22分以上の長い曲だが、シングルカットの際3分程度に再編集された。1975年に全英第1位・全米第25位を記録。アルバムは現代音楽の1ジャンルであった電子音楽を初めて大衆化し、商業的に成功させた例として音楽史上重要である。原題《Autobahn》。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アウトバーン【Autobahn】
ドイツ語で〈自動車道路〉の意。ドイツのアウトバーンの最初の区間ボン~ケルン線は,1932年に完成した。ヒトラー政権は翌年に1万4000kmの建設計画を立て,〈ライヒス・アウトバーンReichs‐Autobahn〉として,42年までにそのうち3859kmを完成させた。路線は旧ドイツ,プロイセン領にまたがり,その主目的は失業対策と軍用輸送であったが,一般自動車交通の費用の節減効果についても十分検討したうえでの計画であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アウトバーン【Autobahn】
ドイツの高速自動車専用道路。ヒトラーが第二次大戦に備え、建設を始めた。原則として速度制限はなく、無料。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アウトバーン
あうとばーん
Autobahnドイツ語
自動車専用の高速道路を意味するドイツ語の普通名詞であるが、狭義にはドイツの高速自動車道をさす。アウトバーンの建設、維持管理は、ドイツ連邦政府の管轄であるが、実際の業務は州政府に委託されている。近代的な自動車専用の高速道路は1920年代からドイツに存在した(1932年完成のケルン―ボン間の高速自動車道は有名)が、ナチス政権下の1933年からライヒス・アウトバーンReichsautobahn,Reichs-Autobahn(ドイツ帝国高速自動車道路)の名で建設に着手され、現代の高速自動車道の先駆となった。当初は約1万4000キロメートルの建設が目標とされ、最初のライヒス・アウトバーンは1935年フランクフルト―ダルムシュタット間に開通し、第二次世界大戦中の1942年に中止されるまでに約3860キロメートルを完成させた(そのうち約2100キロメートルが西ドイツ国内に残った)。戦後は東西ドイツとも国内の幹線道路としてアウトバーンの建設を進め、その延長は、1973年には西ドイツで5258キロメートル、東ドイツで1390キロメートルに達し、1985年には西ドイツで8198キロメートルとなった。1990年の東西両ドイツの統一以降もアウトバーンの建設・整備は続けられ、1992年の総延長は1万0995キロメートル、1997年に1万1246キロメートル、2000年には1万1515キロメートルとなった。2012年の総延長は1万2845キロメートルである。さらに隣接する各国の高速道路とも国境で接しており、国をまたいだ人や貨物の移動を可能にしている。
 アウトバーンはかつて速度無制限の道路として有名であったが、現在は大型トラック(時速80キロメートル)やバス(多くの場合時速100キロメートル)などで制限速度が課されているほか、合流部や工事箇所、大都市周辺の区間でも制限区間が設けられている。
 自然環境や景観の保護と経済性との兼合いの問題、老朽化した施設の維持管理、交通量増大に伴う4車線から6車線、6車線から8車線への拡幅、路盤の更新、さらに必要となる財源の確保などアウトバーンの課題は多い。[青木栄一・青木 亮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アウトバーン
(Autobahn) ドイツの自動車専用高速道路。正しくはライヒス‐アウトバーン。一九三三年ヒトラーが起工。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉植民都市歓迎の背景「アウトバーンを二時間ばかり走って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウトバーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アウトバーンの関連情報

他サービスで検索

「アウトバーン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.