Rakuten infoseek

辞書

アウストロネシア語族【アウストロネシアごぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アウストロネシア語族
アウストロネシアごぞく
オーストロネシア語族」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アウストロネシア‐ごぞく【アウストロネシア語族】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アウストロネシアごぞく【アウストロネシア語族 Austronesian】
南島語族〉の意。マレー・ポリネシア語族Malayo‐Polynesianとも呼ばれる。西はマダガスカル島(マラガシ語)から東はイースター島(ラパヌイ語)まで,北は台湾(高山族諸語)およびハワイ島(ハワイ語)から南はニュージーランド(マオリ語)に及ぶ広大な地域で話される諸言語を含む語族であるが,オーストラリアニューギニア大部分は非アウストロネシア系の言語(オーストラリア諸語パプア諸語)である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アウストロネシアごぞく【アウストロネシア語族】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典

アウストロネシアごぞく【アウストロネシア語族】
西はマダガスカル島から東はイースター島まで、北は台湾、ハワイから南はニュージーランドまでの広大な地域に分布する諸言語を含む語族。言語数は1000近くに及ぶが、それらの間の類縁性と、音韻や文法が、台湾の高山族諸語→西部語派(インドネシア語派)→東部語派(オセアニア語派)の順に単純化していくことから、歴史的には、台湾からフィリピン、インドネシア、マレー半島へと南下して西はマダガスカルまで達し、東は太平洋の島々に広がったと考えられている。西部語派にはタガログ語マレー語ジャワ語、バリ語など、東部語派にはキリバス語、フィジー語、サモア語、トンガ語、タヒチ語、マオリ語などミクロネシアメラネシア、ポリネシアの諸語が含まれる。オーストラリアとニューギニアの大部分の言語は、この語族よりも前の先住民のものである。言語的には、2音節語が多い、接辞派生語をつくる機能や文法的機能をもつ、などの特徴がある。◇名称は「南島語族」の意。マレーポリネシア語族ともいう。英語でAustronesian。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アウストロネシア語族
あうすとろねしあごぞく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウストロネシア語族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アウストロネシア語族の関連情報

他サービスで検索

「アウストロネシア語族」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.