Rakuten infoseek

辞書

アインシュタイン方程式【アインシュタインホウテイシキ】

デジタル大辞泉

アインシュタイン‐ほうていしき〔‐ハウテイシキ〕【アインシュタイン方程式】
アインシュタイン一般相対性理論から導いた、重力場についての方程式。重力による時空の歪(ゆが)み曲率)は、物質またはエネルギーの場によって定まることを示す。ニュートン万有引力の法則では適用できなかった、ブラックホールのような大質量天体や宇宙全体の時空構造などを表すことができる。また、時空の歪みが光速の波として伝わる重力波の存在が導かれる。アインシュタインの重力場方程式

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

アインシュタイン方程式【Einstein equation】
一般相対性理論においては,時空を四次元のリーマン空間と考えて,物体の運動は空間によって定まるものと考える.逆に考えると,この空間の性質は,存在する物質と場の運動量,エネルギーのテンソル Tij によって定められる.この関係を与える式をアインシュタイン方程式という.

式のように表されるが,ここで Rij はリッチテンソル,R はスカラー曲率,&scriptg;ij が計量テンソルである.G はニュートンの万有引力定数,c は光速度であるが,この式の右辺に現れる8πG/c4 はアインシュタインの重力定数という.Λ はL-2 の次元をもつ定数で「宇宙項」と呼ばれる.Λ-1/2 は宇宙の大きさに関係すると考えられる.

厳密解を求めるのはきわめて難しいが,それでも,シュヴァルツシルトの外部解内部解*ヴァイル解*富松‐佐藤の解*などいくつかの厳密解が知られている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいんしゅたいんほうていしき【アインシュタイン方程式】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アインシュタイン方程式
アインシュタインほうていしき
Einstein equation
1916年に理論物理学者アルバート・アインシュタインが提唱した一般相対性理論の基本方程式。物質やエネルギー分布によって時空のゆがみを決定する。Gμν=κTμνというかたちの式で,Gμνは時空のゆがみによって決まる量,Tμνは物質やエネルギーの分布を表す量である。この方程式は,物質によって重力万有引力)が発生することを説明しただけでなく,ブラックホール宇宙の膨張,重力のゆがみは波として伝わること(→重力波)など,従来のアイザック・ニュートンの重力理論では予想できなかった現象の存在を示唆した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アインシュタイン方程式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アインシュタイン方程式の関連情報

他サービスで検索

「アインシュタイン方程式」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.