Rakuten infoseek

辞書

アインシュタインの粘度式

栄養・生化学辞典

アインシュタインの粘度式
 剛体球粒子の懸濁液粘性率ηと溶媒の粘性率m,剛体球粒子の体積分率aの関係を表す式η=m(1+2.5a).

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

アインシュタインの粘度式【Einstein's viscosity formula】
半径 a の微小な剛体球が粘性率 μ0 の溶媒中に無数に分散している懸濁質(サスペンジョン)の粘性率 μ は次の式で与えられる.

μ=μ0(1 + 2.5φ)

これがアインシュタインの粘度式(ときにはアインシュタインの粘度法則と呼ばれることもある)である.ただし φ が大きくなった場合,あるいはレイノルズ数が大きい場合などにはずれが大きくなるので,以後もさまざまな補正式や拡張式が導かれている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アインシュタインの粘度式
アインシュタインノネンドシキ
Einstein's viscosity formula

粘度η0 の液体中に微小球形粒子を分散させたとき,その粒子の体積分率をとすると,が小さいときにはこの分散系の粘度ηは次の式で与えられる.

η = η0(1 + K)

これはA. Einstein(アインシュタイン)が流体力学的に導いた式で,アインシュタインの粘度式という.理論的にはK = 2.5となり,実験的にこの値が得られたときには,分散粒子が球形であることの傍証となる.H. Staudinger(シュタウディンガー)は多くの線形有機化合物について実験した結果,Kの値が2.5からはずれただけでなく,低濃度において,同族列の分子ではその値が分子量に比例することを発見し,この関係(シュタウディンガーの式)から分子量を求めて,高分子が実在することに確信を得た.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アインシュタインの粘度式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アインシュタインの粘度式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.