Rakuten infoseek

辞書

アインシュタインの拡散式

法則の辞典

アインシュタインの拡散式【Einstein's equation for diffusion】
コロイド粒子の拡散についてアインシュタインにより提出された理論式.コロイド粒子ブラウン運動*は熱運動であるから,もし,コロイド溶液内に濃度の不均一が存在したならば,熱運動の結果,拡散が起きて,やがて濃度は均一となるはずである.これを表すためにアインシュタインが提案したのは

という式であり,これを,アインシュタインの拡散式,ときには「アインシュタインの拡散法則」と呼ぶ.

D は拡散係数(フィックの法則*での),R は気体定数,Nアヴォガドロ定数*T は絶対温度であるが,η は媒質の粘性,r はコロイド粒子を球と見なした場合の半径である.フィックの法則*サザーランド‐アインシュタインの式*を参照.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アインシュタインの拡散式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アインシュタインの拡散式の関連情報

他サービスで検索

「アインシュタインの拡散式」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.