Rakuten infoseek

辞書

アインシュタインの光化学当量の法則

法則の辞典

アインシュタインの光化学当量の法則【Einstein's law of photochemical equivalents】
1912年にアインシュタインの提案した法則.光化学第二法則*光化学当量の法則*ともいう.「光化学反応において,一個の分子はただ一個の光量子のみを吸収して化学変化を起こす」というもの.1モルの分子が活性化されるのに必要なエネルギーは

ENhν

となる.

この法則が,光化学第二法則*と呼ばれるのは,グロートゥス‐ドレイパーの法則*光化学第一法則*というのに対してである.実際の光化学反応の場合,必ずしもこの法則通りにならないのは,光量子を吸収した分子が蛍光や燐光の形で,あるいは別の分子との衝突によってエネルギーを失う場合や,反応の結果多数の生成物が生じ,これをもとに連鎖反応が起きたりするからである.別名を,シュテルン‐アインシュタインの法則*ともいう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アインシュタインの光化学当量の法則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アインシュタインの光化学当量の法則の関連情報

関連キーワード

牧野省三[各個指定]工芸技術部門白瀬矗光の科学史ヤマサキバーブ明治天皇大正准州ジゴマ

他サービスで検索

「アインシュタインの光化学当量の法則」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.