Rakuten infoseek

辞書

アインシュタインのブラウン運動の式

法則の辞典

アインシュタインのブラウン運動の式【Einstein's particle equation】
1906年にアインシュタインとスモルコフスキーが導いた,コロイド粒子のブラウン運動*と粒子の摩擦係数との間の関係式をいう.(⊿x2 は,時間 ⊿t の間の粒子の空間的変位の x 軸上の射影であり,(⊿x2 はその二乗平均を指す.f は粒子に1cm/sの速度を与えるのに必要な力として定義される摩擦係数である.

R は気体定数,T は絶対温度,Nアヴォガドロ定数*である.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アインシュタインのブラウン運動の式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アインシュタインのブラウン運動の式の関連情報

関連キーワード

児童雑誌ファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造ドゥーマ夏目漱石日本郵便制度史(年表)[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣

他サービスで検索

「アインシュタインのブラウン運動の式」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.