Rakuten infoseek

辞書

アイレベル

デジタル大辞泉

アイ‐レベル(eye-level)
人が立った状態での目のあたりの高さ。住まいにおける視線の高さ、カメラを構える位置、遠近法透視図法における消失点の高さなどを指す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

アイレベル
人が立った時の目の高さのこと。住宅では視線の高さあたりに位置する、設備や収納スペースのことをさす。システムキッチン等でよく使われる言葉で、調理を行うカウンターから上部収納までの空間がアイレベルゾーンと呼ばれる。日常、よく使用する物は、このレベルに置く(設置)する事が多い。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

アイレベル【eye level】
視点の高さ。床に座る、椅子(いす)に座る、立つなど、姿勢によって空間の見え方も違うため、室内の空間構成を調整する際の目安とする。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイレベル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイレベルの関連情報

他サービスで検索

「アイレベル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.