Rakuten infoseek

辞書

アイボリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイボリー
ivory
(1) 象牙または象牙色のこと。 (2) アイボリーペーパー ivory paperの略。さらし化学パルプを原料とし,高度仕上げを施した半透明のブリストル紙。絵はがき,招待状,カード類に使用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アイボリー(ivory)
象牙(ぞうげ)。また、象牙色。
厚くて光沢のある象牙色の洋紙。アイボリー板紙。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色名がわかる辞典

アイボリー【ivory】
色名の一つ。アイヴォリーとも表記する。JISの色彩規格では「みのうすい灰色」としている。一般に、やや灰色みを帯びた黄色のこと。もとは象牙ぞうげを意味し、象牙色とも訳される。高級なイメージのある色で、壁紙、カーテン、ソファ、ベッドなど室内装飾や家具に多く用いられる。またアイボリー板紙というと招待状やメニューなどに使われる厚手の高級紙をさす。象牙そのものはワシントン条約により輸出入取引が禁止されている。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいぼりー【アイボリー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アイボリー【ivory】
象牙ぞうげ
象牙色。アイボリー-ホワイト。
光沢のある淡いクリーム色の厚手の洋紙。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイボリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイボリーの関連情報

他サービスで検索

「アイボリー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.