Rakuten infoseek

辞書

アイベックス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイベックス
Capra; ibex
偶蹄目ウシ科ヤギ属に属する野生のヤギ類の総称。肩高 90cm内外。角は後方に伸び,角の前面に幅の広い平らな部分があり,タケののような瘤状の隆起がある。フランスとスペインの高山にいるスペインアイベックス C. pyrenaica,ヨーロッパアルプスのアルプスアイベックス C. ibex,小アジア,インド,中央アジア,モンゴル,バイカル湖付近のシベリアアイベックス C. sibirica,シリア,アラビア,ヌビアに分布するヌビアアイベックス C. nubianaなどがいる。すべて高山に適し,野生のヒツジ類よりもけわしい岩場にいる。草類または木の葉を食べる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アイベックス(ibex)
高山の岩場にすむ野生のヤギの総称。アルプスアイベックス・シベリアアイベックスなど。角は、のものは大きくて後方に湾曲し、表面に竹のような節がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アイベックス【ibex】
偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の哺乳類(イラスト)。ユーラシアとアフリカの山岳地帯にすむ大きな角をもつ野生のヤギ。家畜ヤギの祖先であるノヤギ近縁種。角は大きなを描いてのび,先端は後方を向く。リング状の隆起が並ぶのが特徴で,雄では長さ70~140cmになる。の角は小さく,15~38cm。肩高65~105cm。体重35~150kg。エジプトスーダンヌビアアイベックス,エチオピアのアビシニアアイベックス,ヨーロッパアルプスのアルプスアイベックス,シベリアアイベックスなどの亜種に分かれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アイベックス【ibex】
山岳地帯にすむ野生のヤギ類の総称。肩高約90センチメートル。雄の角は大きく後方へ曲がり、長さ1メートルに達する。シベリアアイベックスなど五種がいる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アイベックス
あいべっくす
ibex
哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科に属する山岳性野生ヤギ7種類の総称。種類としては、アルプスアイベックスCapra ibex、シベリアアイベックスC. sibirica、スペインアイベックスC. pyrenaica、ヌビアアイベックスC. nubiana、カフカズツールC. caucasica、ダゲスタンツールC. cylindricornis、ワリアC. walieの7種を含む。学者により5種類とする説もある。分布はヨーロッパ・アルプス、カフカス、インド北西部、カシミール、ヒマラヤ、天山、アルタイ、モンゴル、シリア、パレスチナ、アラビア、スーダンなどの山岳地帯で、標高500~5000メートルに達し、草食獣の仲間ではもっとも高い所に生息する。体格は全体にがっしりとしており、頭胴長1.3メートル、体高90センチメートル、雌雄ともに角(つの)がある。角はこの類に特徴的で、雄の角は三日月形に後下方に湾曲し、その長さは1メートルを超えるものも多い。角の外側表面には多数(12~24本)の竹の節状の隆起がある。体毛は灰褐色であるが、地方により差があり、季節によっても変化する。高山の万年雪の下方限界である雪線近くに小群ですむが、繁殖期以外は雄と雌は離れて生活する。岩山での行動は敏捷(びんしょう)で、険しい岩場を巧みに走り回る。発情は7~10日間続き、この間、雄はハレムをつくるための激しい戦いを行う。妊娠期間は150日前後で、1~2子を産む。子は、子ヤギほどの大きさで灰色の綿毛に覆われ、生後すぐに親について走ることができる。食性は草食で、草や低木の葉を好んで食べる。海外での飼育例は多いが、日本では1959年(昭和34)多摩動物公園で飼育され繁殖した例があるのみである。[中川志郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アイベックス
〘名〙 (Ibex) 偶蹄目ウシ科ヤギ亜科の哺乳類。体長一五〇センチメートル前後。角は前面によく目立つうねが並び、後方に大きく湾曲して雄では長さ一メートル以上に達する。雌は二〇センチメートル程度。体色は褐色だが、地方により濃淡の差が大きい。ヨーロッパのアルプス山脈ピレネー山脈のほか、西アジアや北アフリカの山岳地帯にも分布。高山の岩場に雌と子どもからなる群で生活する。雄は単独性で、繁殖期にのみ群に加わる。家畜のヤギと容易に雑種ができるが、家畜ヤギの原種は本種ではなく近縁のパサン(ノヤギ)とされている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイベックス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイベックスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.