Rakuten infoseek

辞書

アイバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイバンク
eye bank
眼球銀行,角膜銀行ともいう。死後,自分の眼の角膜を提供するという意志のある人をアイバンクに登録しておき,その人の死亡後すぐに,希望者に移植手術をする。 1958年に角膜移植に関する法律が成立し,移植手術用の角膜預託が一般化して,多くの人が恩恵を受けている (→角膜移植術 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アイ‐バンク(eye bank)
角膜移植のため、眼球提供者の登録を受け、死後に眼球の摘出・保存・斡旋などを行う機関。日本では昭和38年(1963)以来各地に設立。角膜銀行。眼球銀行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アイバンク【eye bank】
眼球銀行ともいう。角膜移植に要する角膜の提供を目的とする組織。従来日本では,解剖と同様に,死後一定時間内は眼球を摘出することが許されなかったが,1958年に〈角膜の移植に関する法律〉が制定され,死体からの摘出が特例として許されるようになり,この法律に基づき設立された。現在は,79年に制定された〈角膜及び腎臓移植に関する法律〉に基づいて運営されている。アイバンクは全国都道府県単位に大学病院などに設置されていて,自分の死後に,移植用として角膜提供の意志をもった人は,あらかじめその意志を登録しておく。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アイバンク【eye bank】
角膜の移植を仲介する機関。眼球提供者の登録、眼球の摘出・保存などを行う。角膜銀行。眼球銀行。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アイバンク
あいばんく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アイ‐バンク
〘名〙 (eye bank) 角膜を移植するため、眼球提供者の登録、斡旋などを行なう機関。一九三〇年アメリカに始まり、日本でも昭和三八年(一九六三)に発足。目の銀行。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイバンク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイバンクの関連情報

他サービスで検索

「アイバンク」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.