Rakuten infoseek

辞書

アイバク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイバク
Qutb al-Dīn Aibak
[生]?
[没]1210
インド,ムスリム王朝である奴隷王朝創始者 (在位 1206~10) 。ゴール朝ムハンマド (→ムハンマド・ゴーリー ) の武将としてゴール朝のインド領を支配していたが,ムハンマドの死後,独立してデリーを都とする王朝を創始した。デリー郊外に現存する有名なイスラム建築クトゥブ・モスクは彼の時代に建設に着手したもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイバク
Aybāk
アフガニスタン中央北部,サマンガーン州州都カブール北西 310km。サマンガーン川左岸に位置する。周辺の灌漑農耕地帯の中心地で,近くにストゥーパなど仏教遺跡 (2~5世紀) が多い。市内には昔ながらの活況を伝える市場がある。人口約4万。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アイバク【Aybak】
?‐1257
バフリー・マムルーク朝第2代スルタン。トルクメン系で,在位1250‐57年。中堅クラスのマムルークであったが,シャジャル・アッドゥッルとの結婚を通じてスルタンとなる。エジプトのアラブ遊牧部族の反乱を鎮圧し,シリアのアイユーブ朝勢力の進攻を食い止めた。内政では政敵バフリー・マムルークの首領を暗殺して彼らの横暴を抑えた。シリア勢とはモンゴルの西進を恐れるバグダードのアッバース朝カリフの仲介で和睦を結び,ヨルダン川以西の領有権を獲得した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アイバク【Quṭb al‐Dīn Aibak】
?‐1210
中央アジア,トルコ系の奴隷出身で奴隷王朝の創始者。在位1206‐10年。ゴール朝のムハンマドのもとで仕え,その才能が認められて将軍に昇進する。ムハンマドのインド遠征の際,功績が認められ,1192年の第2次タラーインの戦の後,インドの征服地の管理をまかされた。1206年,ムハンマドが暗殺されたのち,北インド領の支配者として立ち,10年,正式にスルタンとなる。デリーに都をおくスルタンによるインド支配,デリー・サルタナットはここに始まった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アイバク【Qutb al-Dīn Aybak】
?~1210 インド最初のイスラム王朝である奴隷王朝の創始者(在位1206~1210)。中央アジア生まれのトルコ人。奴隷からゴール朝の部将となり、北インドを攻略。自立してデリーに都した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アイバク
Qutb al-Dīn Aibak
?〜1210
インド最初のイスラーム王朝である奴隷王朝の創始者(在位1206〜10)
マムルーク(奴隷)の出身。ゴール朝の部将としてデリー付近を支配したが,1206年独立。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アイバク(Aibak)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アイバク
あいばく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイバク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイバクの関連情報

関連キーワード

順徳天皇土御門天皇土御門天皇土御門天皇貸し渋りPepperCDM鳥取地震福井空襲

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.