Rakuten infoseek

辞書

アイネイアス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイネイアス
Aineias
ラテン語名をアエネアス Aeneasという,ギリシア・ローマ神話の英雄。ウェルギリウスの叙事詩『アエネイス』の主人公。トロイの王族の一人アンキセスが,イダ山中でアフロディテと交わってもうけた子で,ニンフたちによって育てられ,トロイ戦争ではヘクトルに次ぐトロイ方の勇将として活躍した。トロイ落城のおりには,彼は老父アンキセスを背負い,息子のアスカニオスの手を引き,市の守護神像を護持して猛火の中を逃げ延び,落ち武者たちを集め,彼らを率いて新しいトロイを建設する土地を求め西に向って船出した。そして長い流浪の末に,最後にイタリアのラチウムにたどりつき,そこでラテン人の王であったラティヌスの娘ラウィニアと結婚して,ラウィニウムという市を建設し住んだ。彼の死後アスカニオスは,ラウィニウムの支配権はラウィニアに譲り,のちにローマの母市となるアルバ市を建設してその王となった。この伝説により,ローマ人はアイネイアスを介してトロイの伝統を継承していると自負していた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アイネイアス(Aineiās)
ギリシャ‐ローマ神話でトロイア方の英雄。女神アフロディテを母とする。ギリシャ軍に敗れてのち諸国を流浪、イタリアに渡ってローマ建国の礎を築いたという。ラテン語名アエネアス。→アエネイス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アイネイアス【Aineiās】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アイネイアス
あいねいあす
Aineis
ギリシア神話におけるトロヤの英雄。ラテン名はアエネアスAeneasで、女神アフロディテとアンキセスの子。『イリアス』ではヘクトルと並ぶトロヤ軍最強の武将としてギリシア軍に恐れられた。敬虔(けいけん)な性格のゆえにつねに神の保護を受け、ディオメデスとの一騎打ちではアフロディテに、アキレウスとの戦いではアポロンに救われる。預言の神アポロンは、彼とその子孫が将来トロヤを支配するであろうと告げたが、ホメロス以後の伝承によると、トロヤ滅亡後、彼は一族とともにトラキアやマケドニアの沿岸を航行してシチリア島に渡り、やがてイタリアに到着してローマを建設したと伝えられる。この伝説は、早くから神々と国家への忠義を尊ぶローマ人に受け入れられ、のちにウェルギリウスは『アエネイス』を書いて伝説を集大成した。この作品では英雄が神の命令でトロヤを脱出し、地中海放浪の苦難とラティウムでの戦争の試練を経たのち、宿敵トゥルヌスを倒してローマの前身都市ラウィニウムを築くまでが語られている。[小川正広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アイネイアス
(Aineias) ギリシア‐ローマ神話の英雄。アンキセスとアフロディテの子。トロイ戦争で、ヘクトルと並ぶトロイ方の勇士。のちラティウムに至り、ローマ建国物語に結びつけられてその始祖とされた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイネイアス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイネイアスの関連情報

関連キーワード

ディドとエネアステートピウス2世

他サービスで検索

「アイネイアス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.