Rakuten infoseek

辞書

アイゼナハ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイゼナハ
Eisenach
ドイツ中部,チューリンゲン州の都市。エルフルトの西約 50km,チューリンガーワルトの北西斜面に位置する。 1150年頃にチューリンゲン地方伯によって建設された町で,南西に伯の古城ワルトブルク城がある。 1264年ザクセン公ウェッティン家領となり,83年都市権獲得。音楽家バッハの生地,ルターが学童時代を過しウォルムス帝国議会 (1521) 後隠遁した地として知られ,古城は R.ワーグナー作曲の歌劇『タンホイザー』の舞台として有名。ルターによる新約聖書のドイツ語訳もこの城で行われた。フランクフルト-エルフルト間の交通の要地で,観光都市でもある。 19世紀後半から工業が興り,自動車,機械,化学工業が盛ん。ロマネスク様式の聖ニコラウス教会 (1200頃) ,後期ゴシック様式の聖ゲオルク教会 (1180頃創設,16世紀に修復) が代表的建築物。人口4万 5220 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アイゼナハ(Eisenach)
ドイツ中部の工業都市。チューリンゲン山脈の北東麓にある。作曲家バッハの生地。ワルトブルク城がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アイゼナハ【Eisenach】
ドイツ中部,チューリンゲン州の都市。人口5万1000(1980)。乗用車生産を中心とする工業と観光の町。1180年ごろ建市。市外にそびえるワルトブルク城で1521‐22年宗教改革家ルターが聖書をドイツ語に翻訳した。また1817年,500名の学生がこの城に集まりドイツ統一ののろしをあげた(ブルシェンシャフト)。69年ドイツ社会民主労働者党がこの町で結成された(アイゼナハ綱領)。J.S.バッハの生家がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アイゼナハ【Eisenach】
ドイツ中央部、チューリンゲンバルトの北部に位置する都市。自動車・機械・化学などの工業が発達。保養地としても有名。作曲家バッハの生誕地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アイゼナハ
あいぜなは
Eisenach
ドイツ中部、チューリンゲン州の西端にある工業都市。1949~1990年は旧東ドイツに属した。チューリンゲン山脈北東麓(ろく)、標高222メートルにある。人口4万4400(2000)。チューリンゲン伯の居城であったワルトブルク城(412メートル)が山上にそびえ、ヘルマン1世(在位1190~1217)のころは中世騎士恋愛歌(ミンネザング)の中心地であった。またルターが『新約聖書』をドイツ語に訳したところでもある。自動車(オペル社)、電気工業が立地する。1869年、ドイツ社会民主労働者党(アイゼナハ派)結成の地。作曲家J・S・バッハの生地。[佐々木博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アイゼナハ
(Eisenach) ドイツ中部、チューリンゲン山脈の北東麓にある工業都市。作曲家バッハの生地。ワルトブルク城がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイゼナハ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイゼナハの関連情報

他サービスで検索

「アイゼナハ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.