Rakuten infoseek

辞書

アイスキュロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイスキュロス
Aischylos
[生]前525頃.エレウシス
[没]前456. シチリア,ゲラ
ギリシアの三大悲劇詩人の一人。アッチカ悲劇の形式の完成者。ペルシア戦争の際,重装兵としてマラトンの決戦に参加 (前 490) 。ギリシア悲劇中唯一現存の歴史劇ペルシア人』 Persai (前 472上演) はサラミス海戦 (前 480) の体験に基づく。若い頃から劇作家として演劇競技に出場,作品は 90編あったと伝えられ,多くが3部作をなし,前 484年の初優勝以来優勝は 13回。現存作品はほかに,『テバイを攻める七将』 Hepta epi Thēbās (前 467) ,『救いを求める女たち』 Hiketides (前 463) ,『縛られたプロメテウス』 Promētheus Desmōtēs (前 460頃) ,3部作『オレステイア』 Oresteia (前 458) すなわち『アガメムノン』 Agamemnōn,『供養する女たち』 Choēphoroi,『慈愛の女神たち』 Eumenidesなど。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アイスキュロス(Aischylos)
[前525ころ~前456ころ]古代ギリシャの三大悲劇詩人の一人。現存する作品に「ペルシア人」「縛られたプロメテウス」、三部作「オレステイア」などがある。→ギリシャ悲劇

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アイスキュロス【Aischylos】
前525‐前456
ギリシアの三大悲劇詩人の一人。アテナイの貴族の家柄のエウフォリオンEuphoriōnの子としてエレウシスで生まれる。僭主ヒッピアスの追放(前510),クレイステネスの民主的改革(前508か507)の時代に成人し,ペルシア戦争ではマラトン,サラミスなどの戦場に出征,その経験が作品に反映されている。前484年以後13回の勝利を悲劇競演において収め,生涯に90編の作品を書き,そのうち7編の完全な作品が現存する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アイスキュロス【Aiskhylos】
前525~前456) 古代ギリシャの三大悲劇詩人の一人。神の摂理と正義の勝利を、豊富な空想力と雄大な構成をもって描いた。約八〇ないし九〇にのぼる作品中「ペルシャの人々」「縛られたプロメテウス」「アガメムノン」など七編が現存。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アイスキュロス
あいすきゅろす

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイスキュロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイスキュロスの関連情報

関連キーワード

総合博物館オリジナルグッズエレファンティン神戸大学オリジナルグッズ名義書換フィールド/フレーム記録方式名義書換ヒムヤル王国ATSC方式東北大学オリジナルグッズ日本大学フェニックスグッズ

他サービスで検索

「アイスキュロス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.