Rakuten infoseek

辞書

アイシングラス

栄養・生化学辞典

アイシングラス
 魚(チョウザメなど)の浮き袋を精製して乾燥したもので,コラーゲンが主な成分.ビールやワインの清澄剤として使われた.ゼリーや糊の製造にも使う.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいしんぐらす【アイシングラス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アイシングラス
あいしんぐらす
isinglass
(ぎょこう)の一種。古くからヨーロッパで主としてタラなどの魚類のうきぶくろを原料としてつくられ、チョウザメのものが最良とされている。うきぶくろを洗浄して不純物を除去し、縦に数枚に切断して板の上に広げて日光で乾燥させる。外膜を除去して圧力を加え、中層のほとんど純粋なコラーゲン部を平板状にして製品とする。黄色みを帯び、強靭(きょうじん)で半透明。接着剤として宝石類の接着や羊皮紙の修復、絆創膏(ばんそうこう)の原料に用いられ、また清澄剤としてビール、サイダー、ワインなどの製造に使用される。[望月 篤]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイシングラス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイシングラスの関連情報

他サービスで検索

「アイシングラス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.