Rakuten infoseek

辞書

アイゲウス

大辞林 第三版

アイゲウス【Aigeus】
ギリシャ神話の伝説上のアテナイ王。テセウスの父。怪物ミノタウロスを退治したテセウスが無事帰国の場合は白い帆を張るようにという約束を忘れて黒い帆のまま帰還したため、子が死んだと思い海に身を投じた。エーゲ海の名はこれにちなむ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アイゲウス【Aigeus】
伝説的なアテナイ王。子宝をさずかる方策を伺いにデルフォイの神託所に赴いた帰途,トロイゼン王の娘と交わって一子テセウスを得た。のちテセウスがクレタ島の怪物ミノタウロスを退治したとき,無事の帰還の場合は白い帆を張るという約束を忘れて黒い帆のままで帰港したため,それを目にした父王は息子が死んだと思いこみ,海に身を投じた(エーゲ海――〈アイゲウスの海〉の意――の名のおこり)。【水谷 智洋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アイゲウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイゲウスの関連情報

他サービスで検索

「アイゲウス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.