Rakuten infoseek

辞書

アイギス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイギス
Aigis
ギリシア神話にゼウスおよびアテナ持物として現われるやぎ皮の。ゼウスの楯には,クレタ島で彼の乳母役をつとめた雌やぎアマルテイアの皮が張られ,雲を集める気象神としての彼の働きを象徴する。アテナの楯には中央にペルセウスから献上されたゴルゴ・メドゥサの頭が取付けられ,見る者を化石にしてしまう恐ろしい武器である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アイギス【aigis】
ホメロスの記述によれば,鍛冶の神ヘファイストスがゼウスのために作った魔力をもつ盾のような武器。普通〈山羊皮楯〉と訳されるが,この説には矛盾や異論がある。ゼウスは敵に対して実際には右手で雷霆(らいてい)を投げる天空神であり,アイギスは左手に振りかざす〈雷雲〉の象徴と解釈される。怪物ゴルゴンの首と黄金の総(ふさ)で飾られ,ときにはアテナおよびアポロンに貸し与えられた。この語が造形美術では,もっぱらアテナの外衣として用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アイギス【aigis】
ゼウスとアテナの持ち物の一つ。アテナのそれは、肩から羽織られる小さい肩掛けもしくは胸当てに似、普通多数の蛇の房で縁取られ、うろこ状の地の中央にゴルゴンの首をもつ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイギス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイギスの関連情報

他サービスで検索

「アイギス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.