Rakuten infoseek

辞書

アイガー[山]【アイガー】

世界大百科事典 第2版

アイガー[山]【Eiger】
スイス中南部,ヨーロッパ・アルプスのベルナー・オーバーラント山群にある名峰。アルプス観光の基地,グリンデルワルトの南に位置し,ユングフラウメンヒの2峰とともに山塊をなす。標高3970m。山体は結晶質石灰岩からなり,氷食をうけ,とくに北壁は高差1800mを有する大岩壁となっている。1858年8月11日イギリスのC.バリントンが南西面と西稜から初登頂に成功。1921年9月10日には,槙有恒がガイド3人と北東稜(ミッテルレギ山稜)の登攀(とうはん)に成功し,日本人のアルプスでの初登攀となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アイガー[山]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイガー[山]の関連情報

他サービスで検索

「アイガー[山]」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.