Rakuten infoseek

辞書

アイアトン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アイアトン
Ireton, Henry
[生]1611. ノッティンガムシャー,アッテンバラ
[没]1651.11.26. リマリック
イギリス,清教徒革命期の軍人,政治家。議会軍に参加し,O.クロムウェルの部将として各地を転戦して武功をあげ,1646年その娘ブリジットと結婚。独立派スポークスマンとなり,一方では長老派に,他方では平等派に対抗して,クロムウェル体制の確立に努めた。アイルランド遠征中に病死。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アイアトン【Henry Ireton】
1611‐51
イギリス,ピューリタン革命期の軍人,政治家。オックスフォードと法学院に学び,1642年内乱勃発とともに議会軍に参加。O.クロムウェルを支持して独立派の理論的スポークスマンとして,対国王交渉,47年秋のレベラーズ(平等派)との〈パトニ討論〉で活躍した。46年クロムウェルの娘ブリジットと結婚。48年暮れからの国王裁判に裁判官として出席し,その死刑判決書に署名した。翌年クロムウェルのアイルランド征服に同道し,代理として現地に残り病没した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アイアトン
あいあとん
Henry Ireton
(1611―1651)
イギリス、ピューリタン革命期の独立派指導者。ノッティンガムシャーのピューリタンの家庭に生まれる。内戦の開始と同時に議会軍に参加してオリバー・クロムウェルの信任を得、1646年彼の女婿となった。第一次内戦終了後は国王、長老派、レベラーズ(水平派)三者の間にたって、クロムウェルにかわり軍の政治的立場を代弁した。政治的改革案「人民協定」を提出した急進派レベラーズとの間で国制の基本的問題に関して行った1647年の「パトニー討論」Putney Debateはとくに有名である。その後もクロムウェルとともにアイルランド遠征に参加し、1650年にクロムウェルが帰国した後はその代理を務めるなど活躍したが、翌1651年に病没した。(書籍版 1984年)[小泉 徹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイアトン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アイアトンの関連情報

関連キーワード

天文学史(年表)慶長の大地震ルーベンスジェズアルド由良国繁グスタブ[2世]後水尾天皇ジェズアルドカルル9世後陽成天皇

他サービスで検索

「アイアトン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.